【EMSヘッドスパの2大メーカー】NIPLUXとMYTREXを比較|違いは価格と機能!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ニップラックス(NIPLUX)とマイトレックス(MYTREX)では、どっちの「EMSヘッドスパ」がおすすめなんだろう。

EMSヘッドスパは、

  • どっちがおすすめなの
  • どんな違いがあるの
  • どっちを選べば良いの

おすすめは、ニップラックスの「EMSヘッドスパ」です。

理由は、マイトレックスよりもアタッチメントが1つ多く、機能が充実しているためです。

当記事では、「どっちのEMSヘッドスパを購入するか悩んでいる。」という人に、「EMSヘッドスパ」の機能の違いや選び方を解説します。

この記事を読めば、どっちの「EMSヘッドスパ」を選べばいいのか理解できます

この記事を読めば、

  • おすすめのEMSヘッドスパが分かる
  • 機能の違いを理解できる
  • EMSヘッドスパの選び方が分かる

ニップラックス(NIPLUX)

マイトレックス(MYTREX)

タカ君

ニップラックスとマイトレックスの「EMSヘッドスパ」を比較するよ!

当サイトでは、家族や恋人がいつまでも健康でいられるように、ボディケアグッズの紹介やプレゼントの贈り方を解説しています。

プレゼントの贈り方に悩んでいたりボディケアグッズをプレゼントしたい方は、ぜひとも以下のリンク先から当サイトのトップページをご覧ください。

たかのとし|プレゼントの贈り方 完全マニュアル

目次

おすすめはニップラックスのEMSヘッドスパ

おすすめは、ニップラックスの「EMSヘッドスパ」です。

理由は、ニップラックスの方が機能が充実しているためです。

ニップラックスには、アタッチメントが3種類あり、振動、EMSの単独使用、赤色LEDが搭載されています。

マイトレックスのアタッチメントは2種類であり、振動、EMSの単独使用、赤色LEDが搭載されていません。

よって、マイトレックスは機能が少ないですが、その分価格も安いです。

しかし、価格差は2,000円なので、充実した機能のニップラックスの方がコストパフォーマンスが高いです。

したがって、アタッチメントが多く、機能が豊富なニップラックスの「EMSヘッドスパ」がおすすめです。

タカ君

ニップラックス」はアタッチメントが3種類あるよ。

ニップラックスの製品が気になる方は、参考までに公式ホームページをご覧ください。

《公式》NIPLUX オンラインストア

EMSヘッドスパの比較結果

ニップラックスとマイトレックスの「EMSヘッドスパ」の比較結果を紹介します。

価格や性能を中心に、比較結果を点数化(◎2点、〇1点)しています。

スクロールできます
項 目ニップラックスマイトレックス
商品名EMS HEAD SPAEMS HEAD SPA
参考価格
(14,850円)

(12,760円)
保証期間1年1年
カラー・ブラック・ブラック
サイズ130×110×150mm105×105×140mm
重 量348g336g
防 水IPX7IPX7
バッテリー1200mAh1450mAh
充電時間約2時間約4時間
動作時間約90分約4時間
アタッチメント
(3種類)
・頭皮&ボディ 
・フェイスリフト
・洗顔     

(2種類)
・頭皮・ボディ用
・フェイス用  

ケア方法
(3種類)
・EMS
・振動
・もみ

(2種類)
・EMS
・もみ

EMSテクノロジー独自のDBN Technology独自の特殊波形
EMS単独使用×
EMSレベル
(5段階)

(5段階)
振 動
(8,800回/分)
×
も み
(6種類)
・開く  
・閉める 
・押す  
・ひっぱる
・もむ  
・つまむ 

(6種類)
・開く  
・閉める 
・押す  
・ひっぱる
・もむ  
・つまむ 
回転モード
(4モード)
・低速     
・高速     
・低速(逆回転)
・高速(逆回転)

(4モード)
・低速     
・高速     
・低速(反回転)
・高速(反回転)
回転速度・高速:210回転/分
・低速:160回転/分
赤色LED×
点数11点7

※記事作成時の情報です。最新情報は各ホームページをご確認ください。

ニップラックスの「EMSヘッドスパ」は価格が高いですが、機能が豊富のため点数が11点と高くなりました

ニップラックスにはアタッチメントが3種類あり、マイトレックスにはない振動が搭載されています。

また、ニップラックスには、EMSの単独使用ができ、明るい印象のお肌にアプローチできる赤色LEDも付いています。

スクロールできます
特 徴メリットデメリット
ニップラックス・アタッチメントが多い 
・振動でケアできる   
・EMSの単独使用ができる
・赤色LEDが付いてる   
・価格が高い
マイトレックス・価格が安い・機能が少ない
タカ君

ニップラックス」の方が機能が充実しているね!

【価格】マイトレックスが安い

ニップラックスとマイトレックスでは、マイトレックスの方が約2,000円安いです。

しかし、機能はニップラックスの方が充実しています。

アタッチメントの数や、ニップラックスにしかない振動・EMS単独使用・赤色LEDを考えると、約2,000円の差でマイトレックスを選ぶのはもったいないと感じます。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス価格差
価 格14,850円 12,760円2,090円
タカ君

価格差は約2,000円だよ。

【サイズや重量】ほぼ同じ

ニップラックスとマイトレックスでは、サイズや重量はほぼ同じです。

サイズ差は合計で40mmで、重量差は12gです。

ボールペンの長さが約140mmのため、ボールペンの半分以下のサイズ差しかありません。

また、1円玉が1gのため、1円玉が12枚程度の重量差しかありません。

よって、サイズや重量は気にしなくても大丈夫です。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
サイズ130×110×150mm 105×105×140mm
合 計390mm350mm40mm
スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
重 量348g336g12g
タカ君

サイズと重量はほぼ一緒だよ。

【防水性能】同じ

ニップラックスとマイトレックスでは、防水性能は同じ「IPX7」です。

「IPX7」は、既定の圧力や時間で水中に浸水しても、内部に浸水しません。

水深1mに30分間水没させても問題ない性能です。

よって、お風呂でも使用できる防水性能を有しています。

なお、30分を超えて長時間浸水できる防水性能ではないため、浸水させたままにしないように注意してください。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
防水性能IPX7 IPX7なし
タカ君

お風呂に水没させたままだと壊れるかも。

防水性能や防塵性能に興味がある方は、以下の記事をご覧ください。

防塵・防水性能

【バッテリー容量】マイトレックスが多い

ニップラックスとマイトレックスでは、マイトレックスの方がバッテリー容量が多いです。

バッテリー容量はマイトレックスの方が多いため、充電時間や動作時間もマイトレックスの方が長くなります。

しかし、実際に「EMSヘッドスパ」を使用すると、経年劣化などによって動作時間が短くなるので、参考程度の情報です。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
バッテリー1200mAh1450mAh250mAh
充電時間約2時間約4時間約2時間
動作時間約90分約4時間約2.5時間
タカ君

「マイトレックス」の方がバッテリー容量が多いよ。

【アタッチメント】ニップラックスが多い

ニップラックスとマイトレックスでは、ニップラックスの方がアタッチメントが多いです。

マイトレックスは、「頭皮&ボディ」と「フェイス」の2つのアタッチメントのみです。

しかし、ニップラックスは、「頭皮&ボディ」と「フェイス」に加え、「洗顔」の3つのアタッチメントがあります。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
頭皮&ボディ
フェイス
洗 顔×
合 計3つ2つ
タカ君

「ニップラックス」には洗顔用のアタッチメントが付属するよ。

【ケア方法】ニップラックスが多い

ニップラックスとマイトレックスでは、ニップラックスの方がケア方法が多いです。

マイトレックスは、「EMS」と「もみ」に2種類のケア方法になります。

しかし、ニップラックスは「EMS」と「もみ」に加え、「振動」の3種類が搭載されています。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
EMS
振 動×
も み
合 計3つ2つ
タカ君

「ニップラックス」は3つの方法でケアできるよ。

【EMS】ニップラックスは単独使用できる

ニップラックスは、EMSの単独使用ができます

よって、EMSのみで体をケアしたい場合、ニップラックスが選択肢になります。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
EMS単独使用×
タカ君

「ニップラックス」は、EMSの単独使用ができるよ。

【振動】ニップラックスのみ

ニップラックスには、振動機能が搭載されています

よって、振動を使って体をケアしたい場合、ニップラックスが選択肢になります。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
振 動×
タカ君

「ニップラックス」のみ、振動機能が搭載されているよ。

【もみ】同じ

ニップラックスとマイトレックスで、もむ動作は同じです。

アタッチメントの動作は、開く・閉める・押す・ひっぱる・もむ・つまむの6種類です。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
開 く
閉める
押 す
ひっぱる
も む
つまむ
合 計6つ6つ
タカ君

「ニップラックス」も「マイトレックス」ももむ動作は同じだよ。

【赤色LED】ニップラックスのみ

ニップラックスには、お肌にアプローチする赤色LEDが搭載されています

よって、赤色LEDを使ってお肌をケアしたい場合、ニップラックスが選択肢になります。

スクロールできます
ニップラックスマイトレックス
赤色LED×
タカ君

「ニップラックス」のみ、赤色LEDが搭載されているよ。

機能ならニップラックス、価格ならマイトレックス

機能で選ぶならニップラックス、価格で選ぶならマイトレックスです。

ニップラックスのみは、

  • 洗顔用のアタッチメント
  • 振動
  • EMS単独使用
  • 赤色LED

洗顔用のアタッチメントは、ニップラックスの「EMSヘッドスパ」しかありません

また、振動・EMS単独使用・赤色LEDは、ニップラックスの「EMSヘッドスパ」のみ搭載されています。

特に、振動と赤色LEDは、ニップラックス特有の機能です。

しかし、洗顔のアタッチメントを使用せず、振動と赤色LEDが不要であれば、約2,000円安いマイトレックスの「EMSヘッドスパ」でも大丈夫です。

なお、ニップラックスの「EMSヘッドスパ」は、振動をON/OFFにしたり、赤色LEDもON/OFFできるため、マイトレックスと同様の使い方もできます。

よって、約2,000円で洗顔のアタッチメントが付属し、振動や赤色LEDの機能が搭載されるため、ニップラックスの方がお得感があります

ニップラックス(NIPLUX)

マイトレックス(MYTREX)

タカ君

約2,000円の差は、洗顔のアタッチメント、振動、赤色LEDだよ。

【まとめ】機能で選ぶならニップラックス

おすすめは、アタッチメントや機能が充実したニップラックスの「EMSヘッドスパ」です。

EMSヘッドスパは、

  • ニップラックスの方が機能が充実している
  • マイトレックスの方が機能は少ないが価格も安い
  • 頭まわりだけでなく、全身をケアできる

「EMSヘッドスパ」は、頭まわりだけでなく、全身をケアできるボディケアグッズです。

ニップラックスの「EMSヘッドスパ」であれば、EMS・振動・もみの3つのケア方法で、全身の筋肉にアプローチできます。

ぜひ、「EMSヘッドスパ」を使用して、頭まわりや全身をリラックスさせましょう

タカ君

EMSヘッドスパ」は全身に使えるよ!

コメント

コメントする

目次