【EMSベルト】まとめ一覧|おすすめのメーカーと違いを比較

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

どのメーカーの「EMSベルト」がおすすめなんだろう。

「EMSベルト」は、EMS(電気筋肉刺激)で腰まわりをケアするボディケアグッズです。

しかし、様々なメーカーから「EMSベルト」が販売されているため、どのメーカーの製品が良いのか、悩んでしまいます。

そこで、各メーカーの「EMSベルト」を比較しましたので、ぜひとも参考にしてください。

Q&A
この記事には、何が書いてあるの?

各メーカーの「EMSベルト」を比較しています。

「EMSベルト」って、どんなグッズ?

EMS(電気筋肉刺激)で腰まわりをケアするボディケアグッズです。

比較する商品はコチラ!

NIPLUX(ニップラックス)

MYTREX(マイトレックス)

RELX(リラクス)

タカ君

各メーカーの「EMSベルト」を比較するぜ!

目次

EMSベルトのおすすめ

おすすめの「EMSベルト」は、EMS HEAT STRETCH(MYTREX)になります。

理由は、温熱とEMS(電気筋肉刺激)で腰まわりをケアでき、同様の性能であるのWAISTUPLUS(NIPLUX)より価格が少し安いためです。

また、ホワイトとブラックのシンプルなデザインになっており、インテリアに合わせやすいカラーになっています。

よって、性能が十分で価格が安く、デザインがシンプルなEMS HEAT STRETCH(MYTREX)がおすすめです。

タカ君

おすすめは、EMS HEAT STRETCH(MYTREX)だぜ!

EMSベルトの比較結果

各メーカーの「EMSベルト」の比較結果は、以下の通りです。

スクロールできます
メーカーNIPLUX
(ニップラックス)
MYTREX
(マイトレックス)
RELX
(リラクス)
製品名WAISTUPLUSEMS HEAT STRETCHEMSベルト
品番NP-WP20WMEHS19-W
参考価格15,800円13,800円3,980円
カラー・ホワイト・ホワイト・ブラック
サイズ251×110×50mm1190×120×30mm
(ベルト含む)
重量300g360g420g
ウエスト全長115cm58~105cm73~103cm
EMSモード6モード6モード6モード
EMSレベル16段階16段階18段階
温熱・低温(38±1℃)
・中温(40±1℃)
・高温(42±1℃)
・低温(38~41℃)
・中温(41~43℃)
・高温(43~48℃)
×

※ホームページ等をもとに作成

NIPLUX(ニップラックス)

NIPLUXは、株式会社日創プラスのボディケアグッズのブランドです。

株式会社日創プラスは、2020年に設立された企業であり、美容・健康機器などを生産販売しています。

NIPLUXのボディケアグッズは、ホワイトカラーのオシャレな小型の製品が多い印象です。

設立されて日が浅いですが、2022年にはNIPLUXシリーズが累計出荷台数100万台を突破するなど、着実に実績を積み上げている企業です。

MYTREX(マイトレックス)

MYTREXは、株式会社創通メディカルのブランドであり、2017年に設立された企業です。

MYTREXの製品は、ブラックカラーが多く、シンプルでかっこいいデザインをしています。

RELX(リラクス)

RELXは、2015年に設立された株式会社Extageのボディケアブランドです。

株式会社Extageは、Eコマース事業やWEB広告事業などを行っており、取り扱っている商材の1つとしてRELXのボディケアグッズがあります。

また、他にも、健康に関わる美容グッズやサプリメントなども取り扱っています。

EMSベルトとは

「EMSベルト」は、EMS(電気筋肉刺激)によって、腰まわりの筋肉をケアできるボディケアグッズです。

また、温熱によって、腰を温める機能がある「EMSベルト」もあります。

  • EMSベルトとは
  • EMS(電気筋肉刺激)によって、腰まわりの筋肉をケアできる
  • 温熱によって、腰を温める

EMSベルトのメリット・デメリット

「EMSベルト」は、手が届きにくい腰まわりの筋肉にアプローチできます。

また、テレビを見ながらなど、休憩しながら腰まわりをリラックスできます。

しかし、「EMSベルト」は腰に装着することからサイズが大きいため、収納スペースが必要になります。

また、ウエストのサイズによっては装着できないため、自身のウエストを確認しましょう。

メリット
  • 手が届きにくい腰まわりの筋肉にアプローチできる
  • テレビを見ながら腰まわりをリラックスできる
デメリット
  • サイズが大きいため、収納スペースが必要になる
  • ウエストのサイズによっては装着できない

EMSベルトの選び方

「EMSベルト」の選び方には、次のようなポイントがあります。

STEP
EMSモード

メーカーによって、EMSのモードが異なります。

どのようなモードがあるのか確認して、「EMSベルト」を選びましょう。

STEP
その他の機能(温熱)

EMS(電気筋肉刺激)以外にも、温熱の機能がある「EMSベルト」があります。

どのような機能があるのかを確認して、「EMSベルト」を選びましょう。

STEP
ウエストサイズ

「EMSベルト」によって、装着できるウエストサイズが異なります。

装着できるサイズか確認して、「EMSベルト」を選びましょう。

STEP
メーカーの信頼性

様々なメーカーが「EMSベルト」を販売しています。

「EMSベルト」は体に影響を与える機器のため、メーカーのホームページや設立時期などを確認して、信頼できるメーカーから購入しましょう。

STEP
デザイン

「EMSベルト」は、決して小さくないため、収納せずにイスなどに立てかけておくことが多いです。

イスなどに立てかけておく場合、部屋の雰囲気を壊さないデザインであることも重要です。

おわりに

「EMSベルト」は、EMS(電気筋肉刺激)によって、腰まわりの筋肉をケアできるボディケアグッズです。

また「EMSベルト」は、テレビを見ながらでも使用できるため、休憩中に腰まわりをリフレッシュできます。

ぜひ「EMSベルト」を使用して、腰まわりの筋肉をケアしましょう。

  • EMSベルトについて
  • EMS(電気筋肉刺激)によって、腰まわりの筋肉をケアできる
  • テレビを見ながらでも使用できる

コメント

コメントする

目次