MENU
この記事の目次

おすすめの昇降スタンディングデスク4選を比較|昇降スタンディングデスクの用途って何?

デスクの高さが合わず、肩こりや腰痛がヒドい。

このような悩みは無いでしょうか?

デスクの高さが体格に合わないと、肩こりや腰痛の原因になるため作業効率が上がりません。

ここでは、自分の体格に合わせて高さを調節できる、おすすめの「昇降スタンディングデスク」を紹介します。

「昇降スタンディングデスク」は、市販のデスクが体格に合わず、肩こりや腰痛に悩まされる人におすすめです。

  • 昇降スタンディングデスクがおすすめな人

・市販のデスクが体格に合わず、肩こりや腰痛に悩まされている人

(健康に気を付けている人)

・クリエイティブな仕事をしている人

(クリエイター、デザイナー)

自分の体格に合わせてデスクの高さを調節できれば、自然な姿勢で作業ができるため無駄な力が入らなくなり、肩こりや腰痛の予防に繋がります。

また、クリエイターやデザイナーに必要な創造的な思考は、「歩いている時の方が座っている時よりも60%も高くなる」という結果が明らかになっています。

参照:Stangord|News

立ちながら作業を行い、考える時は歩くことにより、創造力を高めることができます。

  • 昇降スタンディングデスクの効果

・自然な姿勢で作業を行い、肩こりや腰痛を予防できる

・考える時はすぐに歩き、創造力を高めることができる

よって、おすすめの「昇降スタンディングデスク」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

11%OFFクーポンをGet!

目次

昇降スタンディングデスクおすすめ

電動式の昇降スタンディングデスク

電動式の「昇降スタンディングデスク」には、次のような製品があります。

\ 型番をクリックして製品をチェック /

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!重量天板サイズ昇降範囲機能
FLEXISPOTEF133,600円38,999円38,999円19.6kg
(脚フレーム)
120×60cm71~121cmメモリ(4つ)
障害物検知
サンワダイレクト100-ERD025M39,800円39,800円39,800円29.15kg120×51cm73~123cmメモリ(4つ)
障害物検知
タンスのゲン6910000039,999円39,999円39,999円34.8kg120×60cm73.5~120.5cmメモリ(3つ)
障害物検知
山善ELD-FS/T1200 52,800円58,080円69,518円39.5kg120×70cm71~117cmメモリ(4つ)
障害物検知

\ ショップを比較して最新の価格をチェック! /

電動式の「昇降スタンディングデスク」は、ボタン1つで天板の高さを自由に調整することができます。

また「昇降スタンディングデスク」にはメモリ機能が付いており、ボタン1つで一度調整した天板の高さに調整することができます。

電動式の「昇降スタンディングデスク」の特徴的な機能に、障害物検知があります。天板の高さを調整する際に他の家具(デスク、棚等)に接触しても、障害物検知により「昇降スタンディングデスク」や他の家具が壊れるのを防いでくれます。

  • FLEXISPOT

・他の製品より安く、高機能でコスパが良い

・好みの天板を選択することができ、カスタマイズ性が高い

  • サンワダイレクト

・機能的には、FLEXISPOTや山善と同等

  • タンスのゲン

・価格はサンワダイレクトと同等

・メモリ機能が3つ(他の製品はメモリ機能が4つ)

  • 山善

・他の製品より価格が高め

カス圧式の昇降スタンディングデスク

ガス圧式の「昇降スタンディングデスク」には、次のような製品があります。

\ 型番をクリックして製品をチェック /

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!重量天板サイズ昇降範囲
タンスのゲン4540000129,999円29,999円29,999円30kg120×67.5cm70~108cm
山善LLD-127034,800円42,760円43,456円30kg120×72cm76~110cm

\ ショップを比較して最新の価格をチェック! /

ガス圧式の「昇降スタンディングデスク」は、レバーを握ることで天板の高さを調整します。

しかし、電動式の「昇降スタンディングデスク」のように障害物検知はないため、天板の高さを調整する際は他の家具と接触しないか確認しましょう。

  • タンスのゲン

・天板の奥側にコード穴がある

・山善より価格が安い

  • 山善

・タンスのゲンより価格が高い

手動式の昇降スタンディングデスク

手動式の「昇降スタンディングデスク」には、次のような製品があります。

\ 型番をクリックして製品をチェック /

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!重量天板サイズ昇降範囲
FLEXISPOTH133,000円30,000円30,000円17.6kg
(脚フレーム)
120×60cm71~121cm
サンワダイレクト100-ERD028M31,800円31,800円31,800円32.5kg120×60cm72.5~112cm

\ ショップを比較して最新の価格をチェック! /

手動式の「昇降sスタンディングデスク」は、ハンドルを回して天板の高さを調整します。

頻繁に天板の高さを調整することに向いていません。

  • FLEXISPOT

・サンワダイレクトと価格は近い

・好みの天板にカスタマイズできる

  • サンワダイレクト

・FLEXISPOTと価格は近い

・天板のカスタマイズ性はFLEXISPOTに劣る

昇降スタンディングデスクとは

「昇降スタンディングデスク」は、天板の高さを自由に調整できるデスクです。

天板の高さを調整し、自身の体格に合わせてデスクの高さを調整することができます。したがって、自然な姿勢で快適に作業や勉強を行うことができます。

「昇降スタンディングデスク」の天板の昇降方法には、電動式、ガス式、手動式があります。

スクロールできます
電動式・モーター駆動
・ボタン1つで昇降
・高さを記憶させるメモリ機能がある
・障害物検知機能がある
・コンセントが必要
ガス圧式・ガス圧で昇降
・レバーを握り昇降
・コンセントは不要
手動式・ハンドルを回して昇降
・コンセントは不要

電動式は、モーターを使うためコンセントから電源を給電する必要がありますが、ボタン1つで自由に天板の高さを調整できるメリットがあります。また、メモリ機能が付いており、ボタン1つで設定した天板の高さに調整することができます。

ガス式は、天板を上げる時はレバーを握り、天板を下げる時は体重をかけてレバーを握ります。ガス式のオフィスチェアと似たような使い方になります。

手動式は、ハンドルを回して天板の高さを変更します。ハンドルを回す分だけ天板の高さを変更できるため、天板の高さを調整しやすいメリットがあります。

天板の高さを調整しやすいのは電動式と手動式であり、ガス圧式は細かい天板の高さの調整に向いていません。

  • 電動式

・モーター駆動のため、ボタン1つで昇降可能

・メモリ機能や障害物検知機能がある

・コンセントが必要

  • ガス圧式

・レバーを握って昇降させる

・細かい高さ調整が苦手

  • 手動式

・ハンドルを回して昇降させる

・ガス圧式より高さの調整がしやすい

昇降スタンディングデスクのデメリット・メリット

電動式の「昇降スタンディングデスク」はコンセントが必要なため、コンセントの位置を確認したり、配線を考える必要があります。

また、デスクに昇降機能が付いているため、昇降機能が付いていないデスクよりも重量が重く、価格も高くなります。

  • 昇降スタンディングデスクのデメリット

・電動式はコンセントが必要

・昇降機能が付いていないデスクより、重たく高価になる

「昇降スタンディングデスクデスク」の大きな特徴は、天板の高さを調整できることです。

「身長が低く、市販のデスクの高さが合わない」といった場合でも、自身の体格に合わせて、デスクの高さに調整できます。したがって、自然な姿勢で作業や勉強ができるため、肩こりや腰痛を予防することができます。

  • 昇降スタンディングデスクのメリット

・体格に合わせて、デスクの高さを調整できる

・自然な姿勢で作業を行い、肩こりや腰痛を予防できる

昇降スタンディングデスクの選び方

予算や機能(メモリ、障害物検知)を考えて、「昇降スタンディングデスク」を購入しましょう。

また、メーカーによってサポート体制が異なるので、購入先は良く考えましょう。

天板サイズが大きいほど作業や勉強できるスペースは広くなりますが、その分「昇降スタンディングデスク」を設置するスペースが必要になります。120×60cm以上の天板サイズがあれば、十分な作業スペースを確保できます。

購入する「昇降スタンディングデスク」の昇降範囲をよく確認しておきましょう。自身の体格に合う位置に昇降できないと、「昇降スタンディングデスク」を購入する意味がありません。

  • 昇降スタンディングデスクの選び方

1.どのメーカーから購入するのか

2.予算はどれくらいか

3.どの天板サイズを購入するのか

4.昇降範囲はどれくらいあるのか

5.機能(メモリ、障害物検知)は付いているのか

昇降スタンディングデスクの使い方

電動式は、コンセントを挿してボタンを押すだけで、簡単に天板の高さを調整することができます。

スタンディングデスクとして使用したり、イスに座って使用したりと頻繁に天板の高さを変更する場合は、メモリ機能が活躍します。

ガス圧式や手動式はコンセントは必要ありませんが、天板の高さを変更する時はレバーを握ったり、ハンドルを回す必要があります。

  • 電動式

1.コンセントを挿す

2.ボタンを押して、天板の高さを調整する

3.メモリ機能で天板の高さを記憶させる

  • ガス圧式

1.天板を上げる時は、レバーを握る

2.天板を下げる時は、体重をかけてレバーを握る

  • 手動式

1.ハンドルを回して、天板を調整する

昇降スタンディングを安く購入する方法

「昇降スタンディングデスク」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで同じくらいでした。

FLEXISPOTの「昇降スタンディングデスク」は、Amazonが安い印象です。

しかし、FLEXISPOTに会員登録すると11%OFFクーポンがもらえます。ポイントが貯まらないのであれば、FLEXISPOTの公式ホームページが最も安くなります。

11%OFFクーポンをGet!

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

ぜひ価格とポイント還元率を比較して、安く「昇降スタンディングデスク」を購入しましょう。

\ ショップを比較して最新の価格をチェック! /

昇降スタンディングデスクで解決できること

「昇降スタンディングデスク」は、自身の体格に合わせて天板の高さを調節できるオフィスアイテムです。

「昇降スタンディングデスク」を使うことで、自身の体格に合わせてデスクの高さを調節できます。したがって、自然な姿勢で作業や勉強ができるため、肩こりや腰痛を予防することができます。

快適に作業や勉強ができれば作業効率も上がるため、生産性の向上に繋がります。

ぜひ、「昇降スタンディングデスク」で体格に合わせてデスクの高さを調整し、自然な姿勢で作業を行いましょう。

  • 昇降スタンディングデスクで解決できること

・自然な姿勢で作業を行えるため、肩こりや腰痛を予防できる

・自身の体格に合わせて、デスクの高さを調節できる

11%OFFクーポンをGet!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次