MENU
この記事の目次

おすすめのウルトラワイドモニター(平面型29インチ)4選を比較|ウルトラワイドモニターの効果って何?

1つのモニターに多数のページを表示できるモニターが欲しい。

このような悩みはないでしょうか?

モニターに多数のページを表示させることにより、一度に確認できる内容が増えることで、作業効率を上げることができます。

しかし、ただ大きいモニターを選んでも、想定しているサイズのページを表示できるのか不安があると思います。

そこで、テレビのようにサイズが大きいだけではない、横長の「ウルトラワイドモニター」が選択肢に入ります。

ここでは、平面型29インチの「ウルトラワイドモニター」を紹介します。

私としては、29インチの「ウルトラワイドモニター」が一番使いやすいと思ってます。

横長過ぎると、「ウルトラワイドモニター」の端が見えずらくなります。

「ウルトラワイドモニター」は、1つのモニターで2画面分のページを表示したい、エクセルや動画編集のような横長の作業を効率的に行いたい、といった人におすすめです。

  • ウルトラワイドモニターがおすすめな人

・1つのモニターで2画面分のページを表示したい

・エクセルや動画編集のような横長の作業を効率的に行いたい

  • ウルトラワイドモニターの効果

・表示できるページを増やして、作業効率を上げる

・エクセルや動画編集のような横長の作業がしやすい

よって、程よいサイズにページを表示できる「ウルトラワイドモニター」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある人はぜひチェックしてください。

目次

ウルトラワイドモニターのおすすめ4選

平面型29インチの「ウルトラワイドモニター」には、次のような製品があります。

29インチの「ウルトラワイドモニター」は、30,000~35,000円くらいの価格になります。

\ 型番をクリックして製品をチェック /

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!解像度入力端子表面パネルリフレッシュレート応答速度
LG29WQ600-W34,800円29,273円28,263円2560×1080USB Type-C
HDMI
DisplayPort
非光沢IPS100Hz5ms(GTG)
acerCB292CUbmiiprx29,799円32,379円32,825円2560×1080HDMI×2
DisplayPort
非光沢IPS75Hz1ms(VRB)
JAPANNEXTJN-IPS29WFHDR-C65W34,980円34,980円34,980円2560×1080USB Type-C
HDMI×2
DisplayPort
非光沢IPS100Hz6ms(OD)
IRIS OHYAMAILD-AW29FHD-B31,500円34,800円34,800円2560×1080HDMI×2
DisplayPort
非光沢IPS75Hz5ms(GTG)

\ ショップを比較して価格をチェック! /

LGとJAPANNEXTはUSB Type-Cを接続できますが、acerとIRIS OHYAMAはUSB Type-Cを接続することができません。

性能自体はどれも同等なので、価格的にはLGの「ウルトラワイドモニター」が安い印象です。

acerには、高さ調整、チルト角(上下の角度)に変更、スイベル機能(左右の調整)が付いており、視線に合わせてディスプレイに位置を変更できます。

この機能(高さ調整、チルト角、スイベル機能)があれば快適な姿勢でパソコン作業ができるため、結構ポイントが高いです。

JAPANNEXは入力端子(USB Type-C、HDMI×2、DisplayPort)の他にUSB端子が付いており、スピーカーなどを接続することができます。

端子が増えるとパソコン周辺機器を接続しやすいため、非常に嬉しいですね。

IRIS OHYAMAには、タイマー機能という面白い機能が付いています。ディスプレイの左上にタイマーをセットでき、長時間のパソコン使用を防ぐための機能が付いています。

  • LG

・他の製品より安め

・USB Type-Cを接続できる

  • acer

・他の製品と価格はあまり変わらない

・高さ調整、チルト角、スイベル機能が付いている

  • JAPANNEXT

・他の製品より若干価格が高め

・USB端子が付いている

  • IRIS OHYAMA

・他の製品より若干価格が高め

・長時間の作業防止のためのタイマー機能が付いている

ウルトラワイドモニターとは

「ウルトラワイドモニター」は、横長に広いモニターのことです。

通常のサイズのモニターが、さらに横側が見えるようになったモニターです。

通常のモニターよりも横長になった分、左右に異なるホームページを表示させることができます。

また、エクセルのように、横長に作業を行うするソフトの場合、表示できる範囲が広いため横スクロール操作が少なくて済みます。

  • ウルトラワイドモニターとは

・通常のモニターの横幅が拡がったモニター

・横長のホームページやソフトが使いやすい

ウルトラワイドモニターのデメリット・メリット

「ウルトラワイドモニター」は横長のため、デスクの幅が必要になります。

モニターが広くなることで作業効率は上がりますが、広い設置スペースも必要です。

また、モニターが大きくなると重くなるため、モニターの重さに耐えられるようスタンドのサイズも大きくなります。

モニターアームを使えばスタンドが不要になりますが、モニターアームを使わない場合はデスク上のスペースが狭くなります。

  • ウルトラワイドモニターのデメリット

・デスクにサイズやスペースが必要

・モニターが大きい分、スタンドも大きい

「ウルトラワイドモニター」は、通常のモニターより表示できる範囲が横方向に広くなっています。

よって、1つのモニターに2つのページを表示したり、エクセルのような横方向に操作が必要なソフトの作業効率が上がります。

デュアルモニターにしようと考えたときにモニターを2台用意する必要がなく、「ウルトラワイドモニター」1台あれば足りるため、コンセントやコスパが良くなります。

  • ウルトラワイドモニターのメリット

・横長にページやソフトを表示できる

・モニター2台分の役割をモニターで1台でできる

ウルトラワイドモニターの選び方

「ウルトラワイドモニター」に限らず、モニターを選ぶ際は、解像度や接続端子を確認します。

また、独自技術を採用しているメーカーがあり、作業効率の向上に役立つ機能や眼に優しい機能が付いたモデルがあります。

やはりパソコン作業に必要なブルーライトカットがあると良いですが、ゲーム用や動画用といった、用途に合わせて画面を調整えきるモデルが数多くあります。

モニターの解像度や接続端子以外にも、効率的に作業できる機能を確認するとモニター選びが楽しくなります。

  • ウルトラワイドモニターの選び方

1.解像度を確認する

(2560×1080、3440×1440 等)

2.接続端子を確認する

(HDMI、DisplayPort 等)

3.機能を確認する

ウルトラワイドモニターを安く購入する方法

「ウルトラワイドモニター」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中で、Amazonが安い印象でした。

パソコン系のアイテムは、Amazonが安いことが多いです。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

ウルトラワイドモニターで解決できること

「ウルトラワイドモニター」は、通常よりも横幅が広いモニターです。

よって、左右にページを表示させたり、エクセルのように横方向に作業するソフトにおいて、効率的に作業を行うことができます。

また、モニターを2台設置する代わりに、「ウルトラワイドモニター」1台にすることで、モニターのベゼルで画面が切れることもありません。

ぜひ、「ウルトラワイドモニター」を使用して、横長の画面で効率的に作業を行いましょう。

  • ウルトラワイドモニターで解決できること

・左右にページを表示できる

・横長にページやソフトを表示し、効率的に作業できる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次