おすすめのホエイプロテイン4選を比較|プロテインの効果って何?

健康的な体づくりがしたい。

このような悩みはないでしょうか?

体を構成している主成分は、たんぱく質です。

よって、たんぱく質を摂取することで、健康的な体づくりを目指すことができます。

ここでは、手軽にたんぱく質を摂取できる「プロテイン」を紹介します。

「プロテイン」は、手軽にたんぱく質を摂取したい、体づくりのためにたんぱく質を摂取したい、といった人におすすめです。

  • プロテインがおすすめな人

・手軽にたんぱく質を摂取したい人

・体づくりのためにたんぱく質を摂取したい人

  • プロテインの効果

・手軽にたんぱく質を摂取できる

・不足するたんぱく質を摂取できる

よって、体づくりのために手軽にたんぱく質を摂取できる「プロテイン」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

プロテインのおすすめ4選

「プロテイン」には、次のような製品があります。

なお「プロテイン」は、3kgのような大容量を注文すると、1kgあたりの価格が安くなることが多いです。

スクロールできます
メーカーブランドAmazon楽天Yahoo!たんぱく質エネルギー脂質炭水化物食塩相当量その他
明治ザバス3,933円/kg4,169円/kg3,990円/kg69.6%
(19.5/28g)
111kcal2.0g3.7g0.31~0.76gナイアシン
ビタミンB1,B2,B6,C,D
レバレッジバルクス3,980円/kg4,298円/kg4,298円/kg73.7%
(22.1/30g)
118lcal1.7g3.5g0.2g
エクスプロージョンエクスプロージョン9,689円/3kg
(3,230円/kg)
9,933円/3kg
(3,331円/kg)
9,933円/3kg
(3,331円/kg)
70.0%
(21.0/30g)
116kcal1.9g4.4g0.2gアミノ酸スコア100
THE HUT GROUPマイプロテイン4,680円/kg3,990円/kg4,450円/kg84.0%
(21.0/25g)
103kcal1.9g1.0g0.13g(左記はノンフレーバーの栄養成分)

\ ショップを比較して価格をチェック! /

メーカーによって、「プロテイン」の栄養成分は多少変わります。

たんぱく質の含有量が多いマイプロテインのような「プロテイン」もあれば、ザバスのようにたんぱく質以外の栄養素を多く含んだ「プロテイン」もあります。

しかし、どのメーカーも1食当たりのたんぱく質の含有量が約20gとなっており、似たような栄養素になっています。

なお、マイプロテインを見てみると、1食あたり84%という高いたんぱく質の含有量となっています。

  • ザバス

・たんぱく質含有率:69.6%

・ビタミンなどの栄養素を摂取できる

・たんぱく質以外にも栄養素を摂取したい人におすすめ

  • バルクス

・たんぱく質含有率:73.7%

・他の製品より1食あたりのエネルギーが高め

・他の製品より1食あたりの脂質が少なめ

・脂質少なめのプロテインが飲みたい人におすすめ

  • エクスプロージョン

・たんぱく質含有率:70.0%

・他の製品より1食あたりの炭水化物が多め

・他の製品より1kgあたりの価格が安い

・低価格なプロテインが欲しい人におすすめ

  • マイプロテイン

・たんぱく質含有率:84.0%

・他の製品より1食あたりのたんぱく質が多め

・他の製品より1食あたりの炭水化物が少なめ

・高たんぱく質かつ低炭水化物のプロテインが欲しい人におすすめ

プロテインとは

「プロテイン」は、たんぱく質が主成分の栄養補助食品です。

「プロテイン」は、粉末を液体に溶かすタイプやバータイプ(プロテインバー)などが販売されています。

「プロテイン」には、牛乳に含まれるたんぱく質のホエイプロテイン、ホエイプロテインのゆっくり吸収されるバージョンのカゼインプロテイン、大豆たんぱく質のソイプロテインがあります。

スクロールできます
種類含まれる食材吸収速度
ホエイプロテイン牛乳速い
カゼインプロテイン牛乳遅い
ソイプロテイン大豆遅い

たんぱく質は体を構成する主成分であり、「プロテイン」は体づくりに効果的です。

  • プロテインとは

・たんぱく質が主成分の栄養補助食品

・粉末を液体に溶かすタイプやバータイプ(プロテインバー)などがある

・ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインがある

プロテインのデメリット・メリット

「プロテイン」の摂取し過ぎには注意が必要です。

たんぱく質の過剰摂取により、腎臓に負担がかかります。

なお、たんぱく質の摂取量について、一般的な18歳以上の男性は60g/日、女性は50g/日とされています。

参考までに、森永製菓さんの「かんたん、わかる!プロテインの教科書」をご覧ください。

たんぱく質の摂取推奨量の一覧表や食事例が掲載されています。

参考:森永製菓|かんたん、わかる!プロテインの教科書【タンパク質の必要量】タンパク質はどれくらい摂ればいい?

「プロテイン」1杯で摂取できるタンパク質は約20gのため、極端な話、たんぱく質だけなら「プロテイン」3杯までいけます。

アスリートなど、鍛えている人であれば、さらにたんぱく質を摂取する必要があります。

  • プロテインのデメリット

・たんぱく質の過剰摂取に注意

「プロテイン」は、手軽にたんぱく質を摂取することができます。

牛もも肉や鶏むね肉など、たんぱく質を多く含む食品はありますが、調理したりと手間がかかります。

しかし、「プロテイン」であれば液体に溶かすだけで、手軽にたんぱく質を摂取できます。

  • プロテインのメリット

・どこでも手軽にたんぱく質を摂取できる

プロテインの選び方

「プロテイン」は、たんぱく質の含有量やフレーバーで選びます。

たんぱく質の含有量が多いほど、少ない「プロテイン」の量で多くのたんぱく質を摂取できます。

たんぱく質の含有量によって消費する「プロテイン」の量も変化するので、たんぱく質を多く含む「プロテイン」であれば消費が少なくなります。

よって、ランニングコストも下がります。

また、フレーバーの種類があった方が、楽しんで「プロテイン」を摂取することができます。

同じフレーバーばかりだと飽きることがあるので、お気に入りフレーバーの合間に他のフレーバーを挟んで、「プロテイン」を楽しみましょう。

  • プロテインの選び方

・たんぱく質の含有量

・フレーバー

プロテインを安く購入する方法

「プロテイン」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングにおいて、どのショップでも同じような価格でした。

また、公式ホームページでも販売していますので、確認してみましょう。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

スクロールできます
メーカーブランドAmazon楽天Yahoo!たんぱく質エネルギー脂質炭水化物食塩相当量その他
明治ザバス3,933円/kg4,169円/kg3,990円/kg69.6%
(19.5/28g)
111kcal2.0g3.7g0.31~0.76gナイアシン
ビタミンB1,B2,B6,C,D
レバレッジバルクス3,980円/kg4,298円/kg4,298円/kg73.7%
(22.1/30g)
118lcal1.7g3.5g0.2g
エクスプロージョンエクスプロージョン9,689円/3kg
(3,230円/kg)
9,933円/3kg
(3,331円/kg)
9,933円/3kg
(3,331円/kg)
70.0%
(21.0/30g)
116kcal1.9g4.4g0.2gアミノ酸スコア100
THE HUT GROUPマイプロテイン4,680円/kg3,990円/kg4,450円/kg84.0%
(21.0/25g)
103kcal1.9g1.0g0.13g(左記はノンフレーバーの栄養成分)

\ ショップを比較して価格をチェック! /

プロテインで解決できること

「プロテイン」は、手軽にたんぱく質を摂取できる栄養補助食品です。

日々の食事でたんぱく質が不足する人や体を鍛えている人にとって、簡単にたんぱく質を摂取できるのが「プロテイン」です。

しかし、たんぱく質に限らず過剰摂取は体に毒ですので、「プロテイン」を摂取する量には気を付けましょう。

ぜひ「プロテイン」を摂取して、健康的な体づくりを目指しましょう。

  • プロテインで解決できること

・手軽にたんぱく質を摂取できる

・健康的な体づくりに役立つ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次