おすすめのUSBハブ4選を比較|USBハブの用途って何?

USBポートの数が足りない。

このような悩みはないでしょうか?

最近のノートパソコンは薄型になるにつれて、接続できるUSBポートの数が減ってきました。

しかし、ノートパソコンのUSB端子の数が減っても、接続する機器の数が減っていることはありません。

そこで、USBポートの数を増やせる「USBハブ」の出番です。

ここでは、ノートパソコンのデザインに合わせた、ピッタリな「USBハブ」について紹介します。

「USBハブ」は、USBポートが足りなくて困っている、様々な周辺機器をパソコン接続したい、といった人におすすめです。

  • USBハブがおすすめな人

・USBポートが足りなくて困っている

・様々な周辺機器をパソコン接続したい

  • USBハブの効果

・USBポートを増設できる

・様々な周辺機器を接続できる

よって、USB端子を増やすことができる「USBハブ」を紹介するので、、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

USBハブのおすすめ4選

「USBハブ」には、次のような製品があります。

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!タイプUSBポート数ケーブル長
AnkerA75161,299円1,999円1,680円ケーブル60cm
BUFFALOBSH4U125U3BK1,180円1,580円1,498円ケーブル10cm
ELECOMU2H-TZ325BGY/EC1,199円1,898円1,668円直挿し
SabrentHB-R3MB1,499円2,261円1,951円直挿し

\ ショップを比較して価格をチェック! /

「USBハブ」には、ケーブル接続(Anker、BUFFALO)と直挿し(ELECOM、Sabrent)があります。

ケーブル接続(Anker、BUFFALO)は、ケーブル長の可動範囲があるため、「USBハブ」を置く位置を動かしやすいです。

また直挿し(ELECOM、Sabrent)は、パソコン自体にくっつけるため、省スペース化になります。

BUFFALOは、USBポートが付いている位置が前面に3つ、横面に1つと、ケーブルと直線上に周辺機器を接続するのに便利になっています。

直挿し(ELECOM、Sabrent)は、USBポートに挿して回転させることができるため、好みの角度で調節できます。

  • Anker

・USBポートが4つ

・ケーブルが60cm

  • BUFFAL

・USBポートが4つ(1つ横にある)

・ケーブルが10cm

  • ELECOM

・USBポートが3つ

・直挿し回転

  • Sabrent

・USBポートが3つ

・直挿し回転

USBハブとは

「USBハブ」は、USBポートを増やすためのアイテムです。

USBで接続したい機器がある場合、USBポートが足りないと接続できません。

そこで、「USBハブ」を使用して、USBポートを増やすことで、様々な周辺機器と接続できるようにします。

「USBハブ」と似たような製品にドッキングステーションがあります。

「USBハブ」は基本的にUSBポートのみを増やしますが、ドッキングステーションはUSB以外にもHDMIやLANポートなど、様々な端子を増やすことができます。

しかし、様々な端子を増やすことができるドッキングステーションはサイズが大きいため、持ち運びには向いていません。

ですが、「USBハブ」はUSBポートのみのため、薄型で持ち運びしやすい特徴があります。

また、「USBハブ」には、バスパワーとセルフパワーがあります。

バスパワーはパソコン本体から給電を行い、セルフパワーはコンセントに挿して使います。

バスパワーはパソコン本体から給電するため、余計なケーブルなくスッキリしますが、USBから給電を行う消費電力が大きい外付けハードディスクなどの接続に向いていません。

しかし、セルフパワーはコンセントから電源を送っているため、USB給電の消費電力が大きなスキャナなどでも使用することができます。

  • USBハブとは

・USBポートを増やすためのアイテム

・バスパワー式(パソコン給電)とセルフパワー(コンセント給電)がある

USBハブのデメリット・メリット

「USBハブ」をパソコンに付けると、見栄えが悪くなってしまいます。

本来はパソコン自体にUSBポートがついて入ればよいですが、ノートパソコンは薄型になっていったため、USBポートが必然的に減ってしまいました。

薄型のノートパソコンはスタイリッシュでかっこいいですが、「USBハブ」を付けることによって、ノートパソコンのスタイリッシュさが薄れてしまいます。

  • USBハブのデメリット

・ノートパソコンのスタイリッシュさが薄れてしまう

「USBハブ」を使用することで、使用できるUSBポートが増えます。

キーボードやスピーカーなど、パソコンに接続したい周辺機器が増えると、使えるUSBポートも減ってしまいます。

そこで「USBハブ」によって、接続できるUSBポートを増やすことができます。

  • USBハブのメリット

・USBポートが増やせる

・多数の周辺機器を接続できる

USBハブの選び方

「USBハブ」はデザインと接続端子で選びます。

「USBハブ」はUSBポートの少ないノートパソコンに接続することが多いため、ノートパソコンのデザインに合わせて、「USBハブ」を選びます。

ケーブルではなく、ノートパソコン自体にくっつけるように接続できる「USBハブ」もあるため、「USBハブ」を接続しながらもスッキリとしたパソコンまわりにすることができます。

また、USB端ポートが多いほど接続できる機器が多くなりますが、「USBハブ」自体も大きくなってしまいます。

自宅や事務所で使用する分には良いですが、屋外に「USBハブ」を持ち出すのであれば、持ち運びしやすい必要数のUSB端子がついている「USBハブ」がおすすめです。

  • USBハブの選び方

1.USBポートの数を確認する

2.ケーブル接続か直接接続か確認する

3.好みのデザインを選ぶ

USBハブを安く購入する方法

「USBハブ」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中で、Amazonが安い印象でした。

パソコン系のアイテムは、Amazonが安いことが多いです。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

USBハブで解決できること

「USBハブ」は、不足するUSBポートを増やすことができるアイテムです。

USBポートが足りないと、接続したい周辺機器があっても接続することができません。

そこで、「USBハブ」を使用して、自由に接続できるUSBポートを増やします。

ぜひ、「USBハブ」を使用して、接続したい機器をパソコンに繋げていきましょう。

  • USBハブで解決できること

・不足するUSBポートを増やすことができる

・多数の周辺機器を接続できる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次