おすすめのトラックボールマウス4選を比較|トラックボールマウスの効果って何?

マウス操作をし続けると、手首が痛い。

このような悩みはないでしょうか?

マウスを長時間使い続けると、動かしてる手首が疲労して痛くなることがあります。

そこで、手首を動かさなくてもカーソルを移動できる「トラックボールマウス」です。

ここでは、手首にやさしい「トラックボールマウス」について紹介します。

「トラックボールマウス」は、マウスを使うと手首が痛くなる、マウスを動かすスペースがない、といった人におすすめです。

  • トラックボールマウスがおすすめな人

・マウスを使うと手首が痛くなる

・マウスを動かすスペースがない

  • トラックボールマウスの効果

・手首の負担が軽減する

・マウスを動かす必要がないので省スペース

よって、マウス自体を動かさなくてもカーソルを操作できる「トラックボールマウス」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

トラックボールマウスのおすすめ4選

「トラックボールマウス」には、次のような製品があります。

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!操作タイプ接続方法ボタン数チルトホイール
(横スクロール)
サイドホイールその他
LogicoolM575S4,990円5,980円5,485円親指USBレシーバー
Bluetooth
LogicoolMXTB1s12,782円14,080円14,080円親指USBレシーバー
Bluetooth
ありデバイス登録2台
傾斜角調整
ELECOMM-XT3DRBK3,163円3,480円3.280円親指USBレシーバーありポインタ速度変更
ELECOMM-HT1DRXBK4,899円6,569円6,518円人差し指
中指
USBレシーバーありポインタ速度変更

\ ショップを比較して価格をチェック! /

Logicoolは、洗練されたデザインが多い印象です。

LogicoolのMXTB1sは、傾斜角を調整できるので非常に魅力的です。また、2台のパソコンを登録できるため、この「トラックボールマウス」1台でパソコン2台のカーソル操作が可能になります。

ELECOMはデザインよりも実用性重視の印象です。

ELECOMはBluetooth接続できませんが、低価格で高機能な「トラックボールマウス」です。

また、ELECOMのM-HT1DRXBKは、大型の「トラックボールマウス」でボタンが8つも付いており、サイドホイールまで付いています。

  • Logicool(M575S)

・親指操作

・ボタン5つ

  • Logicool(MXTB1s)

・親指操作

・ボタン6つ

・2台のデバイスを登録

・傾斜角調整機能あり

  • ELECOM(M-XT3DRBK)

・親指操作

・ボタン6つ

・ポインタ速度変更あり

  • ELECOM(M-HT1DRXBK)

・人差し指と中指操作

・ボタン8つ

・ポインタ速度変更あり

・サイドホイールあり

トラックボールマウスとは

「トラックボールマウス」は、マウス自体を動かすことなくカーソルを操作できるマウスです。

通常のマウスは、マウス自体を動かして、マウスの裏側についているセンサーで読み取ってカーソルを動かします。

しかし、「トラックボールマウス」は、マウスの表側についているボールを回してカーソルを動かします。

よって、ボールを回すだけでカーソルを操作できるため、マウス自体を動かす必要はありません。

また、マウス自体を動かさなため、通常のマウスのように手首を動かすことがなく、疲労が溜まりにくくなります。

「トラックボールマウス」には、親指の位置にボールがついた製品や、一指指や中指の位置にボールが付いた製品があります。

また、製品によって付いてるボタンや機能が異なるので、様々製品を見比べて、好みの「トラックボールマウス」を選ぶことになります。

  • トラックボールマウスとは

・マウス自体を動かすことなくカーソルを操作できる

・通常のマウスのように手首を動かすことがないので、手首の疲労が少ない

トラックボールマウスのデメリット・メリット

「トラックボールマウス」はボールを回してカーソルを動かすため、通常のマウスと比べるとカーソルの微調整が難しくなります。

ですが、カーソルの速度を調整することで、微調整がしやすくなります。

  • トラックボールマウスのデメリット

・通常のマウスと比べるとカーソルの微調整が難しくなる

「トラックボールマウス」を使用することで、手首を動かしてマウスを操作することがなくなるため、手首への負担が少なくなります。

また、マウスを動かす必要がないため、「トラックボールマウス」を同じ位置に固定できます。

よって、少ないスペースでも、マウスを置いて使うことができます。

  • トラックボールマウスのメリット

・手首を動かしてマウスを操作する必要がないため、手首への負担が少なくなる

・マウスを移動する必要がないため、デスク上にスペースが不要

トラックボールマウスの選び方

「トラックボールマウス」は、操作タイプとボタンで選びます。

「トラックボールマウス」には、親指の位置にボールがある製品と、人差指や中指の位置にボールがある製品があります。

親指にボールがある製品は、マウスに手をかぶせて、親指だけを動かしてカーソルを操作します。通常のマウスと同じような使い方ができる製品です。

人差指や中指にボールがある製品は、手を使って転がすようにカーソルを操作します。

親指にボールがあるタイプに比べると、手首を動かす頻度が多くなるため、手首の負担が少し増えます。

しかし、同じ位置に固定して使える「トラックボールマウス」のメリットは変わらないため、好みの問題になります。

よって、手首の負担を軽減したいのであれば、親指でボールを回るタイプの「トラックボールマウス」がおすすめです。

また、製品によってボタンの位置や機能が変わってきます。

親指でボールを回すタイプの「トラックボールマウス」は、左ボタンの左側に2つボタン付いている製品は多いです。

人差指や中指でボールを回すタイプの「トラックボールマウス」は、親指部分に多数のボタンが付いている製品があります。

その代わり、右ボタンや左ボタンがボールの右側に小さくなって寄っています。

  • トラックボールマウスの選び方

1.親指操作か、人差し指・中指操作か

2.ボタンの位置と数

3.その他の機能

(傾斜角調整、ポインタ速度変更 等)

トラックボールマウスを安く購入する方法

「トラックボールマウス」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中で、Amazonが安い印象でした。

パソコン系のアイテムは、Amazonが安いことが多いです。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

トラックボールマウスで解決できること

「トラックボールマウス」は、指でボールを回してカーソルを操作することで、手首への負担を減らすことができるアイテムです。

また、マウス自体を動かす必要がないため、広いスペースが必要がありません。

ぜひ、「トラックボールマウス」を使用して、手指の負担を軽減しましょう。

  • トラックボールマウスで解決できること

・手首への負担を減らすことができる

・マウス自体を動かす必要がないため省スペース

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次