サプリメントがおすすめの人と選び方|サプリメントの種類と効果を比較

日々の栄養バランスが偏ってるかもしれない。

このような悩みはないでしょうか。

「サプリメント」を服用することで、不足する栄養を摂取することができます。

ここでは、日々の食事に取り入れることで栄養を補うことができる「サプリメント」の種類を紹介します。

「サプリメント」は、健康な食事が取れているか心配、食生活が偏っていると感じる、といった人におすすめです。

  • サプリメントがおすすめな人

・健康な食事が取れているか心配な人

・食生活が偏っていると感じる人

  • サプリメントの効果

・不足する栄養を補うことができる

・健康の維持や病気の予防に役立つ

よって、日々の食事で不足する栄養を補助する「サプリメント」を紹介するので、種類や効果について興味がある人はぜひチェックしてください。

目次

サプリメントの種類と効果

「サプリメント」の主な種類や期待できる効果は、次の通りです。

スクロールできます
成分種類効果例
ビタミンビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6 等
体のエネルギー作り
免疫機能の維持
皮膚・粘膜の維持
神経の維持
ミネラルナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム 等
骨・歯の維持
神経の維持
EPA血液の維持
ルテイン目の維持
セサミン肝機能の向上
グルコサミン関節の維持
イソフラボンホルモンバランスの調整

様々な「サプリメント」が販売されていますが、効果が不確かな製品もあります。

また、人によって合う合わないがあるため、効果の実感も人それぞれになります。

自身に足りていない栄養素がある、将来を見込んで対策しておきたいと思う場合は、栄養素とその効果を確認して「サプリメント」を選びましょう。

サプリメントとは

「サプリメント」は、日々の食生活の中で不足する栄養を補うための健康補助食品になります。

したがって、毎日の食事で不足する栄養素を補助するのが目的のため、「サプリメント」を主食にするのはやめておきましょう。

「サプリメント」は、ビタミンやミネラルなど、様々な栄養素を錠剤やカプセルにしています。

よって、補助したい栄養素を選んで、日々の食生活に取り入れることができます。

また「サプリメント」には、ビタミンやミネラルといった栄養素以外にも、美容向けのイソフラボンや回復向けのブルーベリーなどがあります。

  • サプリメントとは

・不足する栄養を補うための健康補助食品

・ビタミンやミネラルのような栄養素が錠剤やカプセルになっている

サプリメントのデメリット・メリット

「サプリメント」は、飲み合わせに注意しましょう。

病院などから薬をもらっている場合、「サプリメント」と併用しても良いか確認しましょう。

また、「サプリメント」は万能ではありません。

あくまでも栄養補助のため、毎日の食事から栄養を取り入れることが重要です。

過剰摂取には注意しましょう。

  • サプリメントのデメリット

・病院からもらう薬との併用は注意

・過剰摂取には注意

「サプリメント」は、不足する栄養素を補うことができます。

バランスの良い食事が難しかったり、外食が多く食事が偏っている場合、栄養素も偏る可能性があります。

そこで「サプリメント」を使用することで、偏った栄養バランスを調整することができます。

また、「サプリメント」は長期間保存でき、錠剤やカプセルのため、持ち運びしやすいメリットがあります。

カバンやデスクに入れておいて、必要なときに「サプリメント」を使用することができます。

  • サプリメントのメリット

・不足する栄養素を補うことができる

・長期間保存できて持ち運びしやすい

サプリメントの選び方

「サプリメント」は、自身の食生活に合わせて選びます。

野菜が少ないと感じる場合はビタミンやミネラル、魚や肉が少ないと感じる場合はアミノ酸になります。

日々の食事の傾向を考えて、不足するであろう栄養素の「サプリメント」を選びます。

  • サプリメントの選び方

・自身の食生活や傾向

サプリメントで解決できること

「サプリメント」は、不足する栄養素を補うことができる錠剤やカプセル状の健康補助食品です。

毎日の生活で栄養が偏る場合、「サプリメント」を使用することで、栄養バランスを調整することができます。

ただし、あくまでも栄養補助が目的のため、「サプリメント」に頼り過ぎないようにしましょう。

ぜひ「サプリメント」を使用して、健康の維持に努めましょう。

  • サプリメントで解決できること

・不足する栄養素を補うことができる

・栄養バランスを調整することができる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次