おすすめのデスクワーク用のサイドテーブル4選を比較|サイドテーブルの用途って何?

デスクの作業スペースが足りない。

このような悩みはないでしょうか?

作業スペースを確保するために、「サイドテーブル」を設置する方法があります。

ここでは、作業スペースを拡張できる「サイドテーブル」について紹介します。

「サイドテーブル」は、作業スペースが少なくて困っている、書類などを置くスペースが欲しい、といった人におすすめです。

  • サイドテーブルがおすすめな人

・作業スペースが少なくて困っている人

・書類などを置くスペースが欲しい人

  • サイドテーブルの効果

・作業スペースを拡張できる

・書類やオフィス用品を置くスペースができる

よって、作業スペースを拡張して書類などを置くスペースを作る「サイドデスク」について紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

サイドテーブルのおすすめ4選

「サイドテーブル」には、次のような製品があります。

「サイドテーブル」には、ワゴンタイプ、デスクタイプ、コの字タイプがあります。

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!タイプ重量天板サイズ高さ
山善NNGS-3R6,290円6,999円6,999円ワゴン9.5kg53×40cm63cm
サンワダイレクト100-DESKF038BR8,980円8,980円8,980円デスク8kg90×35cm2段階
・64cm
・70cm
イーサプライEEX-SDK04BR7,980円7,980円7,980円コの字9.9kg80×40cm70cm
サンワダイレクト100-DESK044BK5,980円5,280円5,980円コの字7.7kg70×40cm4段階
・70.5cm
・76.5cm
・82.5cm
・88.5cm

\ ショップを比較して価格をチェック! /

山善は、ワゴンタイプの「サイドテーブル」です。

中棚があるため、収納スペースが多い特徴があります。

サンワダイレクト(100-DESKF038BR)は、デスクタイプの「サイドテーブル」です。

天板サイズが90×35cmと長く、高さを64cmと70cmに変更できます。

イーサプライは、コの字タイプの「サイドテーブル」です。

コの字タイプは、ベットのような家具の下を通すことができます。

また、中棚があるため小物を置くことができます。

サンワダイレクト(100-DESK044BK)は、コの字タイプの「サイドテーブル」です。

高さを4段階に変更でき、最大で88.5cmまで高くなるため、立った状態でのデスクワークも可能になります。

  • 山善

・ワゴンタイプ

・中棚がある

・中棚がある低めのサイドテーブルが欲しい人におすすめ

  • サンワダイレクト(100-DESKF038BR)

・デスクタイプ

・天板サイズが90×35cmと長い

・高さを64cmと70cmに変更できる

・天板が長めのサイドテーブルが欲しい人におすすめ

  • イーサプライ

・コの字タイプ

・ベットのような家具の下を通すことができる

・中棚がある

・中棚があるコの字タイプのサイドテーブルが欲しい人におすすめ

  • サンワダイレクト(100-DESK044BK)

・コの字タイプ

・高さを4段階に変更できる

・立った状態でのデスクワークも可能

・自由度が高いコの字タイプのサイドテーブルが欲しい人におすすめ

サイドテーブルとは

「サイドテーブル」は、メインデスクの横側に設置する小さめのデスクのことです。

キャスターが付いた「サイドテーブル」であれば、自由に位置を変更することができます。

「サイドテーブル」には、書類や資料を置いたり、コーヒーのような飲み物を置いたりと、メインデスクと併用して使います。

使用例として、「サイドテーブル」に書類や資料を置いて内容を確認し、メインデスクで書き物のような作業を行います。

また、パソコンのキーボード手前に書類などを置かなくても良いため、デスクワーク時の姿勢も改善することができます。

  • サイドテーブルとは

・メインデスクの横側に設置する小さめのデスク

・書類や資料を置いたり、コーヒーのような飲み物を置いたりできる

サイドテーブルのデメリット・メリット

「サイドテーブル」は、設置できるスペースが必要になります。

「サイドテーブル」を置くと部屋が狭く感じるため、部屋のレイアウトを考えておきましょう。

  • サイドテーブルのデメリット

・部屋が狭くなる

「サイドテーブル」を設置することで書類や資料を置くスペースができるため、メインデスクを広く使うことができます。

デスクワークを行うメインデスクが広く使えるので、作業効率があがります。

また、簡単に移動できるようにキャスター付きの「サイドテーブル」が多いため、作業内容によって自由に「サイドテーブル」の位置を調整できます。

よって、様々なスタイルでデスクワークを行うことができます。

  • サイドテーブルのメリット

・書類や資料を置いてメインデスクを広く使える

・サイドテーブルの位置を調整して様々なスタイルでデスクワークを行える

サイドテーブルの選び方

「サイドテーブル」は、形状(ワゴン、デスク、コの字)やサイズ(天板、高さ)で選びます。

「サイドテーブル」には様々な形状のものがあり、ワゴンタイプからコの字タイプがあります。

ワゴンタイプは、デスクトップパソコンやプリンターのような重いものを載せられます。

コの字タイプはデスク下に脚を入れられるため、作業用としても使用できます。

また、ワゴンタイプは大きなものから小さいものまで、コの字タイプは簡単に移動できるように小さめのものなど、用途によって「サイドテーブル」のサイズも様々です。

「サイドテーブル」の使用用途によって、形状やサイズを選ぶことになります。

  • サイドテーブルの選び方

・形状(ワゴン、デスク、コの字)

・サイズ(天板、高さ)

サイドテーブルを安く購入する方法

「サイドテーブル」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中で、同じような価格でした。

よって、もらえるポイントやキャンペーンを見てから購入しましょう。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!タイプ重量天板サイズ高さ
山善NNGS-3R6,290円6,999円6,999円ワゴン9.5kg53×40cm63cm
サンワダイレクト100-DESKF038BR8,980円8,980円8,980円デスク8kg90×35cm2段階
・64cm
・70cm
イーサプライEEX-SDK04BR7,980円7,980円7,980円コの字9.9kg80×40cm70cm
サンワダイレクト100-DESK044BK5,980円5,280円5,980円コの字7.7kg70×40cm4段階
・70.5cm
・76.5cm
・82.5cm
・88.5cm

\ ショップを比較して価格をチェック! /

サイドテーブルで解決できること

「サイドテーブル」は、作業スペースを拡張して作業効率を上げられるオフィス用品です。

「サイドテーブル」に書類や資料を置いたり、コーヒーを置いたりして、メインデスクを広々と使用することができます。

また、キャスター付きの「サイドテーブル」であれば、自由に位置を変更して快適なデスクワークが可能になります。

ぜひ「サイドテーブル」を使用して、メインデスクでの作業を効率的に進めましょう。

  • サイドテーブルで解決できること

・作業スペースを拡張して作業効率を上げられる

・自由に位置を変更して快適なデスクワークが可能になる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次