おすすめの枕4選を比較|高さを調整できる枕とは?

朝起きると首まわりが痛い。

このような悩みはないでしょうか?

もしかしたら、「枕」の高さが体に合っていないのかもしれません。

ここでは、高さを調節できる「枕」を紹介します。

高さを調節できる「枕」は、朝起きると首が痛い、寝ても疲れが取れていない、といった人におすすめです。

  • 高さを調節できる枕がおすすめな人

・朝起きると首が痛い

・寝ても疲れが取れていない

  • 高さを調節できる枕の効果

・体に合わせて枕を調節できる

・疲労を回復させやすくなる

それでは、おすすめの「枕」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

高さを調節できる枕のおすすめ4選

高さを調節できる「枕」には、次のような製品があります。

スクロールできます
メーカー品名型番Amazon楽天Yahoo!中材高さ調整カバー
MyComfort3,980円3,980円2,784円・低反発ウレタン・3層(8cm,10cm,12cm)テンセル生地
西川(東京西川)睡眠博士EKA0501201L3,832円4,602円4,518円・ソフトパイプ・ソフトパイプ(2か所)
[首部、後頭部]
ポリエステル
Atoursp -4,999円5,580円5,898円・ソフトパイプ・ソフトパイプポリエステル
西川 ドクタースリーブ65086900311,338円11,068円12,693円・ソフトパイプ
・ウレタン
・ソフトパイプ(5か所)
・高さシート(厚さ1cm)
ポリエステル

※2022年12月16日の価格を反映

\ ショップを比較して価格をチェック! /

MyComfortは、3層の低反発ウレタンを入れ替えることで高さを調節する「枕」です。

細かい高さ調整はできませんが、層を入れ替えるだけで高さを調節できるため、高さの調整が簡単です。

西川(東京西川)の睡眠博士は、ソフトパイプを補充するタイプの「枕」です。

首部と後頭部の2か所からソフトパイプを補充でき、細かい高さ調整ができる「枕」になります。

Atourspは、ソフトパイプを補充するタイプの「枕」です。

肌が触れる「枕」の表面は、ふっくらしたニット生地になっています。

西川のドクタースリーブは、ソフトパイプとシートを使い、高さを調節する「枕」です。

ソフトパイプを5か所から補充して高さを調節でき、「枕」の裏面にシートを入れ込むことができるため、高さを調節しやすい「枕」になっています。

  • MyComfort

・素材:3層の低反発ウレタン

・テンセル生地

  • 西川(東京西川)睡眠博士

・中材:ソフトパイプ

・首部と後頭部の2か所からソフトパイプを補充できる

  • Atoursp

・中材:ソフトパイプ

・表面がふっくらしたニット生地

  • 西川 ドクタースリーブ

・中材:ソフトパイプ、ウレタン

・ソフトパイプとシートを使って高さを調節できる

・ソフトパイプを5か所から補充して調整できる

高さを調節できる枕とは

高さを調節できる「枕」は、ソフトパイプやシートを調節して、自身の体に合った高さにできる「枕」になります。

「枕」は、首まわりを支え、自然な寝姿勢で睡眠ができるようにサポートしてくれる睡眠グッズです。

「枕」が高かったり低かったりすると悪い寝姿勢となり、朝起きた時に首が痛かったり、疲れが取れない、といったことが起こります。

したがって、快適な睡眠を取るためには、「枕」のソフトパイプやシートを調節して、自身の体に合った高さの「枕」にする必要があります。

  • 高さを調節できる枕とは

・ソフトパイプやシートを調節して自身の体に合った高さにできる

・自然な体勢で睡眠ができるようにサポートしてくれる

高さを調節できる枕のメリット・デメリット

高さを調整できる「枕」は、自身の体に合わせて「枕」の高さを調整することができます。

最適な寝姿勢で睡眠が取れるため、疲労を回復させて、スッキリとした朝を迎えることができます。

また、高さを調節できる「枕」は、ソフトパイプやシートが潰れてきても、新たにソフトパイプやシートを追加することで「枕」の高さを維持することができます。

  • 高さを調節できる枕のメリット

・自身の体に合わせて枕の高さを調整できる

・枕が潰れてきてもソフトパイプやシートを追加して枕の高さを維持できる

高さを調節できる「枕」は、ソフトパイプやシートを細かく調整する必要があるため、「枕」を使う前に高さを調整する手間が発生します。

  • 高さを調節できる枕のデメリット

・ソフトパイプやシートを調整する手間が発生する

高さを調節できる枕の選び方

高さを調節ができる「枕」を選ぶポイントは、中材(ウレタン、ソフトパイプ)高さ調整方法(ソフトパイプ、シート)です。

中材がウレタンの場合は頭の動きに合わせて沈むだけのため音がしにくいですが、ソフトパイプの場合は頭を動かすと音がします。

また、ソフトパイプシートによって、「枕」の高さの調整しやすさが異なります。

ソフトパイプでも「枕」の高さ調整をすることはできますが、シートがあれば一気に高さを変更できるため、「枕」の高さ調整が簡単になります。

  • 高さを調節できる枕の選び方

1.中材

・ウレタン:頭の動きに合わせて沈むだけのため音がしにくい

・ソフトパイプ:頭を動かすと音がする

2.高さの調節方法

・ソフトパイプ:細かく高さ調整できる

・シート:一気に高さを変更できる

高さを調節できる枕を安く購入する方法

高さを調節ができる「枕」は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中で、Amazonが安い印象でした。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

\ ショップを比較して価格をチェック! /

高さを調節できる枕で解決できること

高さを調節できる「枕」は、自身の体に合わせた「枕」の高さに調節して、快適に睡眠を取ることができる睡眠グッズです。

「枕」の高さが合っていないと、朝起きると首が痛い、疲労が回復していない、ということが起こります。

したがって、「枕」の高さを調節できることで、正しい寝姿勢で快適な睡眠が取れるようになります。

ぜひ、高さを調節できる「枕」を使用して、スッキリした朝を迎えましょう。

  • 高さを調節できる枕で解決できること

・自身の体に合わせた枕の高さに調節できる

・正しい寝姿勢で快適な睡眠が取れる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次