おすすめのキーボードスライダー4選を比較|キーボードスライダーの用途って何?

デスク上のキーボードがデスクワークの邪魔になる。

このような悩みはないでしょうか?

「キーボードスライダー」があれば、デスク上以外でもキーボードを使用することができます。

ここでは、デスク上以外にキーボード専用のスペースを作る「キーボードスライダー」について紹介します。

「キーボードスライダー」は、デスク上にキーボードを置くスペースがない、キーボードがデスクワークの邪魔になる、といった人におすすめです。

  • キーボードスライダーがおすすめな人

・デスク上にキーボードを置くスペースがない

・キーボードがデスクワークの邪魔になる

  • キーボードスライダーの効果

・デスク上以外にキーボードを置くスペースを作れる

・デスク上のものが減ってデスクワークがしやすくなる

よって、デスク上以外にキーボードを置いて、デスクワークがしやすくなる「キーボードスライダー」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

キーボードスライダーのおすすめ4選

「キーボードスライダー」には、次のような製品があります。

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!取り付けサイズ取り付け厚さ機能
FLEXISPOTKT2B4,400円5,200円5,200円クランプ635×305mm15~50mm
サンワダイレクト100-KB0085,980円5,480円6,780円クランプ700×310mm15~40mm高さ4段階調整
AboveTEK10,999円26,997円12,713円クランプ680×280mm0~56mm
スターテックKBTRAYADJ9,001円10,060円10,571円ねじ670×255mmチルト角度調整
高さ調整

\ ショップを比較して価格をチェック! /

FLEXISPOTは、クランプ式の「キーボードスライダー」です。

低価格でシンプルな「キーボードスライダー」になっています。

サンワダイレクトは、クランプ式の「キーボードスライダー」です。

サイズが700×310mmと大きく、「キーボードスライダー」に多くのモノを置くことができます。

AboveTEKは、クランプ式の「キーボードスライダー」です。

リストが付属しており、「キーボードスライダー」の奥端に落下防止用の留め金が付いている、使用者に優しい「キーボードスライダー」です。

スターテックは、ねじ式の「キーボードスライダー」です。

チルト角度調整や高さ調整ができるため、自身の体格に合わせて「キーボードスライダー」の位置を調整できます。

  • FLEXISPOT

・クランプ式(取り付け厚さ:15~50mm)

・低価格でシンプルなキーボードスライダーが欲しい人におすすめ

  • サンワダイレクト

・クランプ式(取り付け厚さ:15~40mm)

・高さ4段階調整が可能

・高さを調節できるキーボードスライダーが欲しい人におすすめ

  • AboveTEK

・クランプ式(取り付け厚さ:0~56mm)

・リストや落下防止の留め金が付いている

・便利な工夫が盛り込まれたキーボードスライダーが欲しい人におすすめ

  • スターテック

・ねじ式

・チルト角度調整や高さ調整ができる

・キーボードスライダーの位置を細かく調整したい人におすすめ

キーボードスライダーとは

「キーボードスライダー」は、デスク上以外にキーボードを置くスペースを作るオフィスアイテムです。

デスクにクランプで挟んだり、ねじで取り付けたりして「キーボードスライダー」をセットします。

デスク上にキーボードを置く必要がなくなるため、書類の確認や資料の作成でキーボードが邪魔になることがありません。

また、広めの「キーボードスライダー」であれば、マウスや文房具なども置くことができます。

よって、デスク上からモノを減らして、快適なデスクワークができるようになります。

  • キーボードスライダーとは

・デスク上以外にキーボードを置くスペースを作るオフィスアイテム

・書類の確認や資料の作成でキーボードが邪魔になることがない

・広めのキーボードスライダーであればマウスや文房具が置ける

キーボードスライダーのデメリット・メリット

「キーボードスライダー」は、デスクの手前にスライドさせるように使用するため、オフィスチェアを自由に動かせるだけのスペースが必要になります。

「キーボードスライダー」を天板下に隠している時はデスクに近づき、「キーボードスライダー」を手前に出している時はデスクから少し離れます。

よって、「キーボードスライダー」を出し入れする際に、デスクに近づいたり離れたりする必要があります。

  • キーボードスライダーのデメリット

・キーボードスライダーの出し入れの際にデスクに近づいたり離れたりする必要がある

「キーボードスライダー」を使用することで、デスク上以外にキーボードを置くことができます。

キーボードがデスク上にないため、資料などを広げる際にキーボードが邪魔になることがありません。

また、広めの「キーボードスライダー」であれば、キーボードの他にマウスや文房具を置くことができます。

  • キーボードスライダーのメリット

・デスク上以外にキーボードを置くことができる

・資料などを広げる際にキーボードが邪魔にならない

・キーボードの他にマウスや文房具を置くことができる

キーボードスライダーの選び方

「キーボードスライダー」は、サイズと機能(チルト角度調整、高さ調整)で選びます。

サイズが大きい「キーボードスライダー」ほど、キーボード以外にもマウスや文房具を置くことができます。

また、チルト調整機能や高さ調整があれば、自身の体格に合わせた位置に「キーボードスライダー」を調整することができます。

デスクの高さやオフィスチェアの高さによって適正なキーボードの位置も変わってくるので、角度や高さが調整できる方が、快適なデスクワークを行うことができます。

  • キーボードスライダーの選び方

・サイズ

・機能(チルト角度調整、高さ調整)

キーボードスライダーを安く購入する方法

「キーボードスライダー」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中で、Amazonが安くなる印象でした。

オフィスアイテム系は、Amazonが安くなる場合が多いです。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!取り付けサイズ取り付け厚さ機能
FLEXISPOTKT2B4,400円5,200円5,200円クランプ635×305mm15~50mm
サンワダイレクト100-KB0085,980円5,480円6,780円クランプ700×310mm15~40mm高さ4段階調整
AboveTEK10,999円26,997円12,713円クランプ680×280mm0~56mm
スターテックKBTRAYADJ9,001円10,060円10,571円ねじ670×255mmチルト角度調整
高さ調整

\ ショップを比較して価格をチェック! /

キーボードスライダーで解決できること

「キーボードスライダー」は、デスク上以外にキーボードを置くスペースを作るオフィスアイテムです。

キーボードがデスク上に無いことで、広々とデスクを使用でき、快適なデスクワークが行えます。

また、キーボードの他にマウスや文房具を置くことで、デスク上からモノを減らして、スッキリとしたデスクに仕上げることができます。

ぜひ「キーボードスライダー」を使用して、快適なデスクワークができる環境に整えましょう。

  • キーボードスライダーで解決できること

・デスク上にキーボードを置く必要がなくなる

・キーボードの他にマウスや文房具を置くことでデスク上からモノを減らせる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次