おすすめのディスプレイアダプター4選を比較|ディスプレイアダプターとは?

表示したいページをモニターにすべて表示しきれない。

このような悩みはないでしょうか?

グラフィックボードが付いていない通常のパソコンでは、2画面までしかモニターに映すことができません。

しかし、「ディスプレイアダプター」を使用することで2画面までしか表示できないパソコンを、3画面まで表示することができます。

ここでは、パソコンのモニターを2画面から3画面にする、おすすめの「ディスプレイアダプター」を紹介します。

「ディスプレイアダプター」には、作業効率を上げたい、作業時間を減らして肩こりや腰痛を軽減したい、といった人におすすめです。

  • ディスプレイアダプターがおすすめな人

・作業効率を上げたい人

・作業時間を減らして、肩こりや腰痛を軽減したい人

  • ディスプレイアダプターの効果

・モニターに表示できるページが増える

・作業効率が上げることで作業時間が減る

それでは、おすすめの「ディスプレイアダプター」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

ディスプレイアダプターのおすすめ4選

「ディスプレイアダプター」には、次のような製品があります。

スクロールできます
メーカー型番Amazon楽天Yahoo!寸法(mm)映像端子解像度同時接続
I-O DATAUSB-RGB3/H8,300円8,558円9,900円83×60×18HDMI1280×720
1980×1080 他
最大6台
サンワサプライUSB-CVU3HD1N9,396円9,880円10,277円69×43×18.5HDMI1280×720
1980×1080 他
最大6台
エレコムLDE-WX015U10,727円8,118円11,910円88.6×50.7×18.5DVI
VGA
1280×720
1980×1080 他
最大6台
PlugableUGA-2KHDMI8,680円10,600円10,310円82×45×18HDMI1280×720
1980×1080 他
最大6台
※表作成時の価格を記載

※2022年11月14日時点を価格を反映

\ ショップを比較して価格をチェック! /

I-O DATA、サンワサプライ、Plugableの出力端子はHDMIですが、エレコムの出力端子はDVIVGAになっています。

他の製品と比較すると、サイズについてはサンワサプライの「ディスプレイアダプター」が最も小さくなっています。

したがって、できるだけサイズは小さい製品が良いのであれば、サンワサプライの「ディスプレイアダプター」が選択肢に入ります。

  • I-O DATA

・出力端子がHDMI

・四角いデザインで、サイズが少し大きい

  • サンワサプライ

・出力端子がHDMI

・丸みを帯びたデザインで、サイズが小さい

  • エレコム

・出力端子がVGAやDVI

・接続する端子やコードが大きく、スペースを取りがち

  • Plugable

・出力端子がHDMI

・I-O DATAとサンワサプライの中間的なサイズとデザイン感

ディスプレイアダプターとは

「ディスプレイアダプター」とは、パソコンに付いているUSBThunderboltなどのポートを使用し、モニターに映像や音声を出力する機器のことです。

グラフィックボードを搭載したパソコンには3~4画をモニターに出力できるものもありますが、一般的なノートパソコンでは2画面までしかモニターに出力できません。

よって、モニターを3画面に拡張するのであれば、「ディスプレイアダプター」が必要になります。

したがって「ディスプレイアダプター」は、モニターを3画面以上にできないパソコンを、3画面以上にするために使用します。

  • ディスプレイアダプターとは

・モニターを3画面以上に拡張するためのパソコン機器

ディスプレイアダプターのメリット・デメリット

「ディスプレイアダプター」を使用することで、一度にたくさんページを表示できます。

よって、作業効率が上がり、作業時間を減らすことができます。

モニターを3画面した場合は、1画面や2画面の時よりもモニター1画面分の表示スペースが増えますので、多くのページを表示させることができます。

一度にたくさんのページを表示できれば、ページの後ろに隠れたページやファイルを探す手間がなくなるため、作業効率が上がります。

  • ディスプレイアダプターのメリット

・作業効率が上がり、作業時間が減少する

・一度にたくさんのページやファイルを表示できる

「ディスプレイアダプター」を使用するために、USBポートを1つ分使うことになりますので、1つ分のポートが自由に使えなくなります。

したがって、USBのポート数が少ないノートパソコンで「ディスプレイアダプター」を使用する場合、使えるUSBポートを確認しておく必要があります。

使用しているパソコンのUSBポートの数を確認してから、「ディスプレイアダプター」を使用しましょう。

  • ディスプレイアダプターのデメリット

・USBポートが1つ使えなくなる

ディスプレイアダプターの選び方

「ディスプレイアダプター」を選ぶポイントは、出力端子出力できる解像度の2点です。

ほとんどのモニターではHDMIを接続できるため、出力端子がHDMIの「ディスプレイアダプター」を購入すれば問題ありません。

しかし、モニター側に接続するHDMI端子が無い場合でも、変換アダプタを使用することでモニターに「ディスプレイアダプター」を接続することができます。

また、「ディスプレイアダプター」が出力できる解像度を確認しましょう。

一般的なモニターの解像度は1980×1080のため、「ディスプレイアダプター」で出力できる解像度に1980×1080が含まれていれば問題ありません。

  • ディスプレイアダプターの選び方

・出力端子:HDMI、VGA等 ← ほとんどのモニターにはHDMIが付いている

・解像度:1980×1080 ← 一般的なモニターの解像度

ディスプレイアダプターの使い方

「ディスプレイアダプター」は、ドライバーをインストールして、パソコンとモニターを接続します。

ドライバーのインストール方法については、購入する「ディスプレイアダプター」にガイドが同封されているため、ガイドの通りにセットアップしましょう。

もしガイドを紛失しても、メーカーのホームページなどで検索すれば、ガイドが出てくることがあります。

  • ディスプレイアダプターの使い方

1.ディスプレイアダプターのドライバーをインストールする

2.パソコンとディスプレイアダプターを接続する

3.ディスプレイアダプターとモニターをケーブルで接続する

4,モニターの表示状態を確認する

ディスプレイアダプターを安く購入する方法

「ディスプレイアダプター」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでバラバラでした。

しかし、「ディスプレイアダプター」のようなパソコン機器は、Amazonが安い印象です。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

ぜひ価格を比較して、「ディスプレイアダプター」を購入しましょう。

\ ショップを比較して価格をチェック! /

ディスプレイアダプターで解決できること

「ディスプレイアダプター」は、モニターを増設して表示できる画面を増やすパソコン機器です。

一度に表示できるページやファイルが増えるため、作業効率を上げて、作業時間を減らすことができます。

効率的にパソコン作業を行いたい人にとって、画面を増やせる「ディスプレイアダプター」は必須のパソコン機器です。

ぜひ「ディスプレイアダプター」を使用して、作業時間を減らして、肩こりや腰痛を軽減しましょう。

  • ディスプレイアダプターで解決できること

・作業効率を上げる

・一度にたくさんのページやファイルを表示できる

・作業時間を減らして、肩こりや腰痛を軽減できる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次