【2022年最新】おすすめのタッチパネルバー「Airbar」|ノートパソコンをタッチ操作

バスや飛行機でのノートパソコンは使いづらい。

このような悩みはないでしょうか?

屋外でノートパソコン操作をするビジネスマンやノマドワーカーにとって、パソコンの操作性の悪さはストレスになります。しかし、そんなノートパソコンの操作性を一気に向上させる「タッチパネルバー」というデバイスがあります。

ここでは、ノートパソコンの操作性を向上させる「タッチパネルバー」を紹介します。

「タッチパネルバー」は、バスや飛行機のような狭い場所で快適にノートパソコンを操作したい、マウスが使えない環境で効率的にノートパソコンを操作したい、といった人におすすめです。

  • タッチパネルバーがおすすめな人

・バスや飛行機のような狭い場所で快適にノートパソコンを操作したい

・マウスが使えない環境で効率的にノートパソコンを操作したい

  • タッチパネルバーの効果

・ディスプレイをタッチしてパソコンを操作できる

・ノートパソコンの操作性を向上できる

よって、パソコンを操作性が向上する「タッチパネルバー」を紹介するので、メーカーや価格について興味のある方はぜひチェックしてください。

目次

タッチパネルバーのおすすめ

おすすめは、テックウインドのAirbaeという「タッチパネルバー」です。

この「タッチパネルバー」の特長は、マグネットでノートパソコンに簡単に取り付けられ、スマホのようにタッチ操作ができることです。

ノートパソコンを操作するためには、マウスかタッチパッドを操作する必要があります。しかし、マウスが使えない環境ではタッチパッドでしか操作ができないため、パソコンの操作性が良いとは言えません。

タッチパッドを使い、毎回カーソルを合わせてクリックするのは、非常に非効率です。しかし、「タッチパネルバー」を使えば画面をタッチするだけ操作できるので、カーソルを合わせる面倒がありません。

今までのようなタッチパッドによるパソコン操作のストレスがなくなり、効率的なパソコン操作が可能になります。

\ ショップを比較して価格をチェック! /

タッチパネルバーとは

「タッチパネルバー」は、ノートパソコンにUSB接続することで、タッチ操作が可能になるデバイスです。

マルチタッチ機能がついていないノートパソコンでは、タッチ操作ができません。しかし、このタッチパネルバーをノートパソコンの装着することによって、ディスプレイを触って操作することが可能になります。

この「タッチパネルバー」は、指だけでなく、鉛筆のようなペンでも反応します。また、スマホなどを操作できるような専用の手袋である必要もありません。

「タッチパネルバー」は、スマホのようにタッチした指の電気を感知しているのではなく、タッチした位置自体に反応しているため、どのようなモノでもタッチ操作が可能になっています。

マルチタッチ機能が付いたパソコンは、スマホと同じように電気を感知しているため、どのようなモノでも操作できる仕様ではありません。

よって、「タッチパネルバー」を装着することにより、どのようなモノでもタッチ操作ができるノートパソコンに変身させることができます。

  • タッチパネルバーとは

・ノートパソコンをタッチ操作できる

・指以外でもタッチ操作が可能

タッチパネルバーのデメリット・メリット

ノートパソコンに「タッチパネルバー」を装着したままでは、ノートパソコンを閉じることができません。ノートパソコンと閉じる際には、「タッチパネルバー」を外す必要があります。

この「タッチパネルバー」は、マグネットでノートパソコンに仕様なので、取り付けと取り外しは簡単です。とはいえ、ノートパソコンをすぐに閉めることができないのは、少し面倒です。

  • タッチパネルバーのデメリット

・タッチパネルバーを装着したままでは、ノートパソコンを閉じることがことができない

ノートパソコンを操作するためには、マウスやタッチパッドを使用することがほどんどですが、マウスが使えない場所ではタッチパッドを使用するしかありません。

しかし、その肝心なタッチパッドの操作性が悪いと、パソコン操作自体がうまくできず、ストレスになります。

そこで、「タッチパネルバー」を使用することで、スマホのように、スワイプや拡大といった操作で快適な操作性が手に入ります。

ノートパソコンの場合だと、キーボードの手前にタッチパッドがあるため、パソコンを操作するためには、手を手前に動かさないといけません。

バスや飛行機など、狭い場所でのパソコン操作は大変です。しかし、ディスプレイをなら手を前に出してタッチするため、パソコン操作が楽になります。

手前に手を動かすより、奥側に手を動かした方が楽なのは当然ですね。

  • タッチパネルバーのメリット

・スマホのようにタッチ操作ができる

タッチパネルバーの選び方

この「タッチパネルバー」には、13.3インチ、14.0インチ、15.6インチのサイズがあります。

よって、使用しているノートパソコンのサイズに合わせた「タッチパネルバー」を選びましょう。

なお、「タッチパネルバー」を取り付けるためには、ディスプレイの下側に22mmの幅が必要なので注意が必要です。

  • タッチパネルバーの選び方

・ノートパソコンに合わせたサイズを購入する

タッチパネルバーの使い方

「タッチパネルバー」は、ノートパソコンに付いているUSB端子に接続し、ディスプレイをタッチするだけです。

専用のドライバーをインストール必要はないため、購入後にすぐに使えます。

また、ノートパソコンに薄いマグネットを取り付け、くっつけるように「タッチパネルバー」を装着します。

指以外のどのようなモノでタッチしても反応しますが、先端が尖ったペンをディスプレイに当てると、ディスプレイが傷つくので注意してください。

  • タッチパネルバーの使い方

1.ノートパソコンにマグネットをくっつける

2.タッチパネルバーをノートパソコンに装着する

3.ノートパソコンにUSB接続する

4.タッチ操作を行う

タッチパネルバーを安く購入する方法

「タッチパネルバー」の価格は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中で、同じくの価格でした。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントがたっぷりともらえる楽天市場がお得です。

また、ソフトバンクユーザーであれば、Yahoo!ショッピングのPayPayポイントTポイントの還元率も見逃せません。

  • Amazon

・Amazonをよく使う人におすすめ

・セールによって、かなり安くなる時がある

  • 楽天市場

・楽天ユーザーで、楽天ポイントがたくさん貯まる人におすすめ

・獲得できる楽天ポイントによっては、かなりお得になる

  • Yahoo!ショッピング

・ソフトバンクユーザーにおすすめ

・ソフトバンクユーザーであれば、PayPayポイントとTポイントで抜群の還元率になる

\ ショップを比較して価格をチェック! /

タッチパネルバーで解決できること

「タッチパネルバー」は、ノートパソコンを簡単にタッチ操作できるようにするデバイスです。

バスや飛行機など、マウスが使えない環境で、快適なパソコン操作が可能になります。

また、ネットサーフィンでも、スマホのようにスワイプ操作ができるため、ストレスなくリフレッシュできます。

ぜひ、「タッチパネルバー」を使用して、どんな場所でも快適にパソコン操作を行いましょう。

  • タッチパネルバーで解決できること

・バスや飛行機内など、狭い場所で快適にパソコン操作ができる

・スマホのようにタッチ操作でパソコンを操作できる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次